最先端の再生医療のひとつです

細胞

人間の体は多くの細胞で作られていますが、細胞の寿命は短いので、新しい細胞を作る必要があります。幹細胞は新しい細胞を生み出す能力があり、思春期から青年期ぐらいがピークです。中高年以降の年代に入ると、少しずつ減少してきて、老年期になると半分ぐらいの量になってしまいます。幹細胞が減少してくると、体が老化してきたり、生活習慣病などの病気に罹りやすくなります。再生医療の幹細胞治療を行っている医療機関は、まだ少ないですが、少しずつ増加傾向にあります。重度の糖尿病や慢性腎不全などの病気で悩んでいる人は、まずはカウンセリングを受けたり、不安や悩みを相談してみたりすると良いでしょう。幹細胞治療は、脊髄や脂肪から細胞を採取して培養などを行います。

培養した幹細胞を体内に注入します

幹細胞は脂肪に多く含まれているので、腹部の一部を切開して採取することが多いですが、痛みが少ないので安心して下さい。採取した幹細胞や培養をするための施設に送られます。2週間から6週間ぐらいは培養に掛かるので、凍結保存をすることもあります。培養した幹細胞を注射器で注入をしたり、静脈内に点滴を行うこともあります。しわやたるみ、肌荒れなどが悩んでいる人には、注射器で注入をすることが多いです。糖尿病などの疾患の場合は、静脈内に点滴をすることが多いです。注射器の場合は短時間で終わりますが、点滴の場合は1時間程度掛かります。インスリンが効きにくい重度の糖尿病などに、幹細胞治療を行うことが多いです。

欧米諸国では大変ポピュラーな治療です

年齢を重ねても、美しい素肌を維持したり、生活習慣病などの病気を改善して、長生きをしたい人がほとんどです。幹細胞治療などの再生医療は、欧米諸国などでは大変ポピュラーになっています。再生医療は糖尿病や、慢性腎不全、心筋梗塞などの病気で悩んでいる人の、最先端の治療法です。一般的な治療とは違って、幹細胞治療は保険適用が受けられないので、治療費は高額になることが多いです。口コミなどで評判の高い医療機関では、最新の医療機器を導入しており、経験豊富な医療スタッフが在籍をしています。事前に予約を入れておくと、カウンセリングが受けられるので、治療費がどれぐらい必要なのか聞いておくと安心です。幹細胞は人体に含まれているため、幹細胞治療は安全性に優れており、比較的副作用が少ないのが特徴です。アンチエイジング治療に関心を持っている人や、難病で悩んでいる人は、医師に相談をしてみると良いでしょう。親切で丁寧な応対なので安心して通院出来ます。